北日本新聞 イベント&キャンペーン情報

関節リウマチ市民公開講座in富山市 ~リウマチ治療のウソ?ホント?~

関節リウマチは、体の関節が腫れたり痛みを感じたり、関節がうまく動かせなくなる病気。
早いうちに専門医の診断を受け、自分にあった治療を受けることが大切です。
本講座では、関節リウマチ治療におけるウソ?ホント?について、参加者の皆様と一緒に考えます。

関節リウマチ

◆日時

2018年2月25日(

13:30 ~ 16:00終了予定(開場13:00)

 

◆会場

タワー111 3階スカイホール(富山市牛島町5-5)

 

◆参加費

無料

 

◆定員

300名

 

◆申込締切

2月13日(火)

 

◆プログラム

 開会挨拶 松野 博明 先生

(松野リウマチ整形外科 院長、日本リウマチ学会 理事)


▽第一部

 

◎講演

演題 「関節リウマチはどんな病気なの?」

藤永 洋 先生

(富山県立中央病院 内科和漢・リウマチ科 部長)


演題 「関節リウマチはどんな治療をするの?」

多喜 博文 先生

(富山大学附属病院 免疫・膠原病内科 診療教授)


演題 「関節リウマチの手術とリハビリについて」

松下 功 先生

(富山大学附属病院 整形外科・リハビリテーション部 診療教授)

 

▽第二部

◎パネルディスカッション

テーマ「正しい知識で悩みを解決!~リウマチ治療のウソ?ホント?~」


コーディネーター 松野 博明 先生

パネリスト 藤永 洋 先生多喜 博文 先生松下 功 先生

 

◎関節リウマチに関する◯×クイズ


◎各先生による「気になる疑問の解説」


 閉会挨拶 木村 友厚 先生

(富山大学附属病院 副病院長・整形外科 教授)


◆申込方法

①郵便番号・住所 ②氏名・年齢 ③電話番号 ④同行者全員の氏名、年齢 ⑤関節リウマチに関する質問のある方は質問内容をご記入のうえ、はがき、ファクスまたは、下記応募フォームからお申し込みください。

 

[はがき]

〒930-8650(住所記載不要)

北日本新聞社営業局「関節リウマチ市民公開講座」係

 

[ファクス]

076-445-3338

 

◆注意点

※応募者多数の場合は抽選の上、聴講券を発送します。

※関節リウマチに関する質問がある方は、個人が特定されない形で質問の一部をイベント内で紹介させていただきます。

※ご応募いただいた個人情報は当事業の連絡・案内のみに利用し、ご本人の同意なく目的外での利用および第三者への開示はいたしません。

 

【お問い合わせ先】

電話: 076-445-3336 (平日9:00~17:00)


主催/北日本新聞社、田辺三菱製薬

後援/日本リウマチ財団、日本リウマチ学会、日本リウマチ友の会、富山市、富山市医師会


▽▽申込フォームはコチラ▽▽
お名前 必須
(姓) (名)
よみがな 必須
(姓) (名) 例:キタニホン ハナコ
郵便番号 必須
例:939-8250 数字とハイフンは半角入力
市町村 必須
例:富山市
町名・番地 必須
例:安住町2-14
建物名・部屋番号
例:北日本ビル501号
電話番号 必須
例:076-123-4567 数字とハイフンは半角入力 (市外局番からお願いします)
年齢 必須
例:30歳
参加人数 必須
お申し込み者を含めた参加希望人数を入力
同行者全員の氏名、よみがな、年齢
メールアドレス
半角英数(携帯メールはご遠慮下さい)
メールアドレス(確認)
半角英数
関節リウマチに関する質問など

※ご応募いただいた個人情報は当事業の連絡、ご案内のみに利用し、ご本人の同意なく目的以外での利用及び第三者への開示はいたしません。